本文へスキップ

吟剣詩舞の舞台

竹取物語

 
    天唇神容流創流記念剣詩舞道大会
   竹取物語
  平成18.8.57 御園座
   脚本・演出:大茂慶山
企画・振付:杉浦英容
総後見:杉浦容楓
音楽:小野尊由
  芦竹取物語は日本最古の物語といわれていますが、内容は多彩かつ巧妙に構成されていて、ファンタジー小説の手本ともいえる物語です。
かぐや姫が天に昇っていくシーンには吟剣詩舞界では初となる宙乗りでの花道入りが行われました。
杉浦英容先生には歌の練習や台詞録りの為、ご遠方よりお越しいただきお疲れさまでした。
       
   たとえ離別ても  
   宙乗り    
     音楽の無断使用はできません