本文へスキップ

歌曲

千曲川旅情の歌

 
 
  昨日またかくてありけり
今日もまたかくてありなむ
この命なにをあくせく
明日をのみ思ひわづらふ


幾たびか栄古の夢の
消え残る谷に下りて
河波のいざよふ見れば
砂まじり水巻きかへる

嗚呼古城なにをか語り
岸の波なにをか答ふ
過し世を静かに思へ
百年もきのふのごとし

千曲川柳霞みて
春浅く水流れたり
ただひとり岩をめぐりて
この岸に愁を繋ぐ

 
   
 
 

 
   音楽の無断使用はできません