本文へスキップ

吟詠伴奏曲

春望

 
   春 望  
   杜甫  
  国破れて山河在り
城春にして草木深し
時に感じては花にも涙を濺ぎ
烽月三月に連り
家書万金に抵る
白頭掻けば更に短く
渾べて簪に勝へざらんと欲す
 
伴奏  8本  
 
  伴奏曲の解説
さんしゃいん社発売の律詩CDに収録されている曲ですが、これは少し楽器を替えてリメイクしたものです。
 
   音楽の無断使用はできません