本文へスキップ

吟詠伴奏曲

移調伴奏

 
  時には一題の詩を、前半を男性で後半を女性で・・・というように異なる本数で吟じることがあります。このようなケースを音楽では転調といいますが、吟詠の場合にはそもそも調というものがありませんので、カラオケでキーを変えるのと同じで、単なる移調ということになります。

カラオケで歌っている時、突然途中でキーを変えると無茶苦茶になってしまいます。そうならないようにするには、吟者や聴者に本数の変更を知らせる間奏(前奏)が必要になります。

伴奏の途中で本数を変える場合、もっとも自然に聴こえるのは上下5律差の本数への移調です。たとえば二本なら七本か九本になります。
関係の薄い本数への移調の場合には、SE(噪音)を入れるなど、違和感を減少させる工夫が要るでしょう。
 
   桶狭間を過ぐ  
   大田錦城  
 元の伴奏 2本    
 2本から7本へ
移調する伴奏
   
  (吟詠2本)
荒原古を弔う古墳の前

戦い克って将驕る何ぞ全きを得ん
(ここから吟詠7本)
怪風雨を吹いて昼晦(やみ)の如し
驚破す奇兵の天より降(くだ)るかと

 
   
   音楽の無断使用はできません