本文へスキップ

歌曲吟詠伴奏曲

如意輪堂

 
   歌曲吟詠 如意輪堂  
   作詩:大茂木慶山  
  ここは吉野の如意輪堂
花の台の御寺なり
桜の如き散り際に
楠木正行 名をとどむ


(和歌 楠木正行)
 かえらじとかねて思えば梓弓
   なき数に入る名をぞとどむる

(芳山帯刀抜粋 元田永孚)
北の方四条を望めば妖雰暗し
賊将は誰ぞ高の師直
渠が頭を得ずんば臣が頭を授けん

皇天后土臣が臆をかんがみよ

花は吉野の山桜
正行公の名も高く
床しき御堂旅人の
足を留めん 今もなお

 
伴奏  8本  
 
  歌曲の部分は吟詠八本の音域に合わせた調にしてあります。
和歌は繰り返し無しでそのまま漢詩に入ります。

歌曲吟詠としているのは、歌部分を歌曲的な歌い方にしていただきたいという意味からです。
 
   音楽の無断使用はできません