本文へスキップ

吟詠伴奏曲

大楠公

 
     
  大楠公 伴奏曲三本 オーケストラ編曲版
 
 
  2006年関西クラウン吟詠リサイタルにおける井﨑正浩先生指揮によるクラシック管弦楽団と吟詠のコラボレーションの為にアレンジした曲です。本番は生演奏でしたが、これはシンセサイザーによる演奏です。
ただ、吟詠タイムは標準より長目になっています。標準タイムの伴奏はダウンロード・ストアで購入可能です。

 
 
 
大 楠 公
 
    河野天籟 
  赤坂の城千窟の屯

妖雲漠々天を捲いて臻(いた)

夢は新たなり笠置山頭の曉

花は散り香は薫る芳野の春

涙を呑んで児に別る桜井の駅

笑って死に就く湊川の津

南風競わず地に塗ると雖も

偉績長えに伝う忠烈の神



 

伴奏曲の解説

この伴奏曲はクラシック・管弦楽用に編曲したものです。オーケストラの演奏は指揮によって大きく異なってきます。とりわけ曲中のテンポの変化のさせ方は指揮者の音楽的感性に左右されます。本番では井﨑正浩先生が吟詠に合うようにこの伴奏曲を指揮されたのですが、これはその指揮のテンポ通りに後日シンセサイザーで再演奏したものです。
 
 
   音楽の無断使用はできません