本文へスキップ

吟詠伴奏曲

薄桜の季

 

薄桜の季 作:大茂木慶山
  忠臣蔵の物語を、浅野藩の藩医寺井玄渓が語る筋立てで、吟剣詩舞の構成作品として書き下ろされた「薄桜の季」は、ふたの会(吟剣詩舞各流派の宗家で結成された会)によって平成14年から日本各地で公演されました。

 
   赤穂義士を憶ふ 良寛 

生を捨て義を取るは古尚少なく
況や又四十有七人
一片の忠心軽んず可からず
人をして永く元禄の春を思はしむ
 
 伴奏曲