本文へスキップ

吟詠伴奏曲

九月十五夜

 
   九月十五夜  
   菅原道真  
  黄委の顔色白霜の頭
況や復千餘里外に投ずるをや
昔は栄華簪組に縛せられ
今は貶謫艸莱の囚となる
月光は鏡に似たるも罪を明らかにする無く
風気は刀の如くなるも愁いを断たず
愁見るに随い聞くに随うて皆惨慄
此秋は獨り我が身の秋と作る

 
伴奏  4本    
   
   音楽の無断使用はできません