本文へスキップ

吟剣詩舞の舞台

愛国詩吟総連盟結成80周年記念大会

 
   英雄達の詩聚吟
  平成29年11月19日 アルカイック大ホール
  監修:山岡哲山
脚本:大橋のりを
音楽:小野尊由
ナレーション:黒杉 愛
美術・大道具:挙海ステージ
舞台・照明・音響:アルカイックホールスタッフ
  平成29年11月19日(日)、愛国詩吟総連盟結成八十周年記念 全国吟剣詩舞道大会がアルカイックホールにおいて開催され、企画番組では「英雄達の詩聚吟」が上演されました。
古代中国における数々の戦いを詠んだ詩を、愛国詩吟総連盟・吟詠コンークルで優勝した歴代の吟士権者の方々が吟じました。
  オープニング  
     
  虞美人草 曾鞏
  伴奏曲8本  
  鴻門の玉斗紛として雪の如し
十万の降兵夜血を流す
咸陽宮殿三月紅なり
覇業已煙燼に隨って滅す
剛強なるは必ず死し仁義なるは王たり
陰陵に道を失せしは天の亡ぼすに非ず
英雄本学ぶ萬人の敵
何ぞ用いん屑々として紅粧を悲しむを
   
   赤壁 伴奏曲